MENU

就職・転職の証明写真を自分で撮る

就職・転職活動をする時には履歴書に、証明写真を貼らなければいけないと思います。自分で就職・転職活動に使う証明写真を取ることができるので紹介したいと思います。まず、就職・転職の証明写真を撮るなら、100万画素以上のデジタルカメラを用意しましょう。携帯のカメラだと画像がきれいになりませんから出来るだけデジタルカメラを用意します。画素数が大きければ就職・転職用の証明写真サイズにした時でもきれいな画像になりますよ。そして、オートフォーカスやセルフタイマーがあればなおいいですね。他にも、画像加工ソフトがあれば写真を切り抜いたりサイズを変えることが出来るので便利です。そして背景用の模造紙などもあるとなおいいと思います。

 

そして自然の光でとるのが一番最適なので、就職・転職の証明写真を自分で撮る場合には、窓際にテーブルを持っていってそのテーブルの上にカメラを三脚などで置いて、そして背景をつけて撮るといいでしょう。就職・転職用の証明写真を自分で撮る場合にはフラッシュはつけないで自然な光でとりましょう。そして撮った写真は画像修整ソフトなどを使って光の加減を修正して、就職・転職の履歴書のサイズに合わせた証明写真のサイズに切り抜いてあとは、写真画用の用紙に印刷すれば完了です。

就職・転職の適性テストで不採用

就職・転職活動をしていて企業に履歴書を送ってそこで通過して次は適性テストを受けた。すると就職・転職先から不採用の通知が来たという人も多いのではないでしょうか。面接もしていないのに就職・転職したいと思っている企業からの不採用は悲しいですよね。せめて面接をしてもらって自分の可能性を知ってもらったうえで不採用になるのならまだ納得できますが就職・転職の適性テストでの不採用は辛いでしょう。まず、適性テストはどんな結果だったのでしょうか?もしも就職・転職の適性テストが自分で思うようにできなかったと思っている人は、もっともっと勉強をしなおしましょう。

 

また、就職・転職サイトなどでは無料の適性テストも行っているサイトもありますからそちらを受けてみて一度見直してみるのもいいかもしれません。もしその結果就職・転職の適性テストで消極的という診断が出てしまったら、少し積極的にするようにしてみましょう。謙虚すぎるのもあまりよくないので、積極的に自己アピールするような感じで就職・転職の適性テストを受けるようにしましょう。就職・転職の適性テストで不採用になってしまったことはそれとして見直す点が何であったかを考えて次の就職・転職の適性テストにつなげて行く様にすることが大切です。

就職・転職の際のスーツの選び方

就職・転職の際のスーツの選び方についてです。就職・転職の際には、少しでも、ポイントを上げるためにも、スーツにも気を配る必要がありますよね。例えば、就職・転職の際の新卒者だったらライバル達よりも好印象になるようなスーツを選ぶ必要がありますし、転職者だったら今までのキャリアやスキルを表現できるようなスーツがいいでしょう。就職・転職の際のスーツは、誠実で積極的なイメージのあるグレーやネイビーなどの無地のスーツがいいといわれています。そして、就職・転職の際のスーツの素材はもちろんウール100パーセントに近ければなおいいでしょう。あまり安物でウール以外のものが入っているスーツというのは、就職・転職活動には光沢が出すぎていて不向きかもしれませんから、よく確かめてから購入しましょう。

 

そして就職・転職活動の時のスーツを選ぶポイントとしては、靴、ベルト、かばんのコーディネートも大切ですし、ネクタイの色やシャツの色も重要です。ネクタイの色は控えめながらの入っていないようなものがいいですし、シャツの色も白が基本です。就職・転職では少しでも好印象に見えるようなスーツ選びを心がけましょう。